オフィス内に鳥居が登場!?
後世にも伝えたい、神社や神様のこと
【もっと身近な神様のおはなし】

カテゴリ:EVENT REPORT

福岡県にある、結びの神『神様鳥飼八幡宮神社』の宮司・山内さんによる、 神様や神社が今よりも身近に感じ、神社に足を運びたくなる「もっと身近な神様のおはなし」が開催されました。

神様の始まりとされる男神イザナギ、女神イザナミが天の神々から国づくりを任せられたとされること。 自然現象を崇拝し、その対象物を神様とし信仰する自然対象のアマニズムや神様に触れる素晴らしさに関してお話し頂きました。

山内宮司によると、神様は私達の心のうちの何もかもがお見通しなのだそう。 なので、神社で手を合わせることは今までの自分を改め、罪汚れをなくし自分自身を見つめ直すことができるそうです。

出席者からは、お守りの作り方やお礼の仕方などに関しての質問が飛び交いました。
出席者:「神社へのお参りは何ヶ所も参拝しても良いものですか?」
山内宮司:「信仰は本来ならば心のより所なため問題ないです。」
気になるけど普段は聞けない、IDOBAならではのトークが繰り広げられました。
また、これからお守り作りを考えている方には、神様を信頼する気持ちがあればどんな形であろうと「お守り」になると言う大変貴重なお話しでした。

IDOBAには日本の会社史上初となる、オフィス内に鳥居を建て、ご祈祷をしていただきました。 さらなる多くのご縁がここから始まっていくことでしょう。

早速、新しいご縁が!
これもきっと、お神入れをした鳥居の力に導かれたものかも…!